ゆずりは

公開日:2018年06月16日

配給作品

【スタッフ】
監督:加門幾生、主題歌:森本ナムア

【キャスト】
滝川 広志(コロッケ)、柾木玲弥、勝部 演之、原田佳奈、高林由紀子、島かおり 他

【ストーリー】
水島は、葬儀社のベテラン営業部長。彼の務める会社に茶髪でピアスの若者・高梨が面接にやって来た。水島は周囲の反対を押し切って採用を決める。一見、軽薄に見える高梨だが、実は、御遺族にしっかり向き合い、自然体で心に寄り添う豊かな感受性の持ち主であった。妻を自殺で亡くした水島は、数多くの人の「死」を悲しむ心を押し殺してきたが、高梨との出会いによって熱い心と妻への思いを取り戻していく。そんなある日、高梨がいじめを苦に自殺した故人に想いを寄せるあまり、参列者を罵倒するという騒ぎを起こしてしまう……。

公式サイト

【Point】
コロッケが、本名〈滝川広志〉として臨む初主演作
「死」と向き合う現場で、命の尊さと大切な人への思いを描く
せつなくもあたたかい涙あふれる映画の誕生


【原作:新谷亜貴子より】
「死」は「生」に一番近い存在です。「死」に触れた時ほど、「生」を感じたり思い出したりすることはありません。毎日、消える命と生まれてくる命があります。私たちも、そんな「繰り返される生と死」の営みの一部であり、そうした無数の命がこの地球という星を支えているのです。誰かの命が傷つけられたり、奪われたりするニュースが多い今だからこそ、そんな思いをこの小説に託しました

【関連動画】