高崎グラフィティ。

2018年8月18日高崎にて先行公開、 8月25日全国公開!

配給作品

【スタッフ】
監督:川島直人、脚本:小山正太、撮影:武井俊幸

【キャスト】
佐藤 玲、萩原利久、岡野真也、中島広稀、三河悠冴 他

【STORY】
高崎市の高校に通う、美紀、寛子、優斗、直樹、康太の5人は、高校を卒業してそれぞれに夢や不安を抱えていた。美紀の父親は、専門学校進学のための入学金を持ったまま失踪。年上の彼氏との結婚生活を夢見ていた寛子も、彼氏への不信感を募らせる事態が。自動車修理工場を営む父との確執を抱えた優斗は、ふとしたはずみである犯罪に巻き込まれていく。直樹と康太も心に抱えた屈折を持て余していた。同じ教室にいながら互いのことをよく知らなかった5人は、卒業パーティーの一夜をきっかけに友情を育み、人生の新たな一歩を踏み出していく。

公式サイト

【Point】
3分の映像に込められた、無限のイマジネーションの世界。
「未完成映画予告編大賞MI-CAN」から、まだ観ぬ映画が果実を実らせる。

映画監督・堤幸彦を筆頭に、大根仁、平川雄一朗ら、気鋭のクリエイターが所属するオフィスクレッシェンドが主催。3分以内で制作された予告編から長編映画を制作するチャンスを与える、「未完成映画予告編大賞MI-CAN」。かつてない試みに白熱した審査の結果、285編の応募作の中からグランプリに輝いたのは、川島直人監督の『高崎グラフィティ。』。群馬県高崎市を舞台に高校の卒業式を終えてからはじまる、5人の男女の数日間を描いた青春群像劇である。川島監督は「都会の周縁部にいる若者たちの鬱屈した気持ちや、将来の見えない感じを描く上で、高崎という土地の空気感が自分にフィットした」と語る。わずか3分の映像に込められた無限のイマジネーションの世界から、まだ観ぬ映画がその果実を実らせる。

【関連動画】