愛がなんだ

2019年春 テアトル新宿他、全国ロードショー

配給作品

【スタッフ】
監督:今泉力哉、原作:角田光代、脚本:澤井香織、今泉力哉

【キャスト】
岸井ゆきの、成田 凌、深川麻衣、若葉竜也、片岡礼子 他

【STORY】
「私はただ、ずっと彼のそばにはりついていたいのだ。」
28歳のテルコはマモルに一目惚れした5か月前から、生活すべてがマモルを中心に動いている。仕事中でも、真夜中でも、マモルからの電話が常に最優先。彼がそばにいてくれるだけで、テルコは幸せなのだ。
しかし、マモルにとっては、テルコはただ都合のいい女でしかなかった。
ある日、マモルの家に泊まったことから2人は急接近。ついに恋人に昇格できる!と有頂天になったテルコは、頼まれてもいない家事やお世話に勤しみ、その結果、マモルからの連絡が突然途絶えてしまう。
それから3か月後、マモルから久々に呼び出されると、彼の隣には年上の女性、すみれさんがいた…。

公式サイト

【Point】
原作は直木賞作家、角田光代の傑作小説「愛がなんだ」。監督は“正解のない恋の形”を模索し続けてきた恋愛映画の旗手、今泉力哉。

主人公は28歳のOLテルコ。彼女は、想いを寄せているマモルに自分の時間のすべてを捧げてしまう。しかし、マモルはテルコのことが好きではない。完全なる一方通行の恋。
周りが見えなくなるほど、マモルへの想いが膨れ上がっていくテルコ。全力すぎる片思いの末に、テルコが下した思いがけない“決断”とは…。
岸井ゆきの、成田凌、深川麻衣、江口のりこ、若葉竜也、保紫萌香、片岡礼子、筒井真理子ら実力派キャストが集結。「片思い」を徹底的に考察する、可笑しく切ないラブストーリー。