配給作品

ONODA 一万夜を越えて

2021年10月8日(金) TOHOシネマズ 日比谷他全国公開

ONODA 一万夜を越えて
配給作品

ONODA 一万夜を越えて

2021年10月8日(金) TOHOシネマズ 日比谷他全国公開

  • 製作年/製作国

    2021/フランス・日本・ドイツ・ベルギー・イタリア

  • 劇場公開日

    2021年10月8日(金)

  • 上映時間

    174分

  • 映倫区分

    G

  • コピーライト

    (c)bathysphere ‐ To Be Continued ‐ Ascent film ‐ Chipangu ‐ Frakas Productions ‐ Pandora Film Produktion ‐ Arte France Cinéma

【キャスト】

遠藤雄弥
津田寛治
仲野太賀
松浦祐也
千葉哲也
カトウシンスケ
井之脇海
足立智充
吉岡睦雄
伊島空
森岡龍
諏訪敦彦
嶋田久作
イッセー尾形 他

【スタッフ】

監督:アルチュール・アラリ
脚本:アルチュール・アラリ、ヴァンサン・ポワミロ
プロデューサー:ニコラ・アントメ
撮影監督:トム・アラリ
編集:ローラン・セネシャル
美術:ブリジット・ブラサール
衣装:カトリーヌ・マルシャン、パトリシア・サイーヴ
サウンド:イヴァン・デュマ,アンドレアス・イルドブラント,アレク・“ビュニク”・グース

【イントロダクション】

フィリピン・ルバング島で終戦後もなお、約30年間に渡り秘密戦の任務を遂行し続けた、実在の人物・小野田寛郎旧陸軍少尉。終戦を告げられぬまま、ルバング島のジャングルで任務を遂行し続けた男の壮絶な日々と孤独を描いた人間ドラマ。彼は何を信じ、何と戦い、そしてどう生き抜いたのか?

フランスで出版された小野田寛郎の30年間を描いた「ONODA 30 ans seul en guerre」(著:Bernard Cendoron)を原案に映画化。監督は、フランス映画界で今最も才能が注目されているアルチュール・アラリ。日本人キャストは全てオーディションにより選考され、カンボジアで約4ヶ月間、臨場感あふれるシーンを撮影することに成功。ほぼ全編が日本語のセリフで紡がれている異色の国際共同製作映画。

第74回カンヌ国際映画祭2021にて「ある視点」部門でのオープニング作品が、ついに日本公開。

【ストーリー】

終戦間近の1944年、陸軍中野学校二俣分校で秘密戦の特殊訓練を受けていた小野田寛郎は、劣勢のフィリピン・ルバング島にて援軍部隊が戻るまでゲリラ戦を指揮するよう、命令を受ける。

「君たちには、死ぬ権利はない」

出発前、教官から言い渡された最重要任務は“何が起きても必ず生き延びること”。玉砕は決して許されなかった。

しかし彼を待ち構えていたのは、ルバング島の過酷なジャングルだった。食べ物もままならず、仲間たちは飢えや病気で次々と倒れていく。それでも、小野田は生きるために、あらゆる手段で飢えと戦い、雨風を凌ぎ、仲間を鼓舞し続ける。必ず援軍が来ると信じて_。